中古マンション管理を委託してラクラク|綺麗な不動産発見術

不動産

マンションを住みやすく

マンションの管理とは

不動産

マンションには共用部分と専有部分の2つがあります。 共用部分とはマンションのエントランスやエレベーター、廊下等の事を指し、専有部分とは部屋の中の事を指します。 部屋内といっても、建物の附属物である台所等の給水管や電気等の配線は、マンション内で繋がっているので共用部分となり、マンションによってどこからどこまでが共用部分なのかを定めるようになっています。 マンション管理の主役はあくまで居住者で形成される管理組合となりますが、専門の知識や作業を持って様々な業務をサポートをするのが、マンション管理会社です。 マンション管理会社では設備点検や共用部分の日々の清掃、管理費等の出納や管理人の派遣等を行い、居住者が住みやすいようサポートをします。

マンション管理会社のサービス傾向

マンション管理会社は大手から中小企業まで多くの管理会社が存在しています。 デペロッパー系(マンションを分譲する不動産会社から分離独立した会社)や、ビルメンテナンスに特化している会社、ゼネコン系(建設から実際の建築まで行う会社)など、種類は様々です。 最近ではマンション管理会社も多数存在するため、独自のサービスを展開し差別化を図っている会社も多くなっています。 マンションの居住者しか見られないホームページを作成し、そこに点検日時が記されてあったり、居住者同士がコミュニケーションを取れるようになっているサービスや、24時間緊急事態に対応出来る電話回線を設けている会社もあります。 多数の人が住むマンションに於いて、まとめて管理を委託出来、マンション自体の付加価値を上げる事も出来るのがマンション管理会社です。