中古マンション管理を委託してラクラク|綺麗な不動産発見術

不動産

住宅に木材を使う

今後の動向についての予測

不動産

近年になって始められた木材利用ポイント事業は、家電エコポイントや住宅エコポイントなどと同様に期間を限定して行われており、期間内に着手された工事に対して指定された地域材を一定量使用している場合にポイントが発行される仕組みになっています。現在ではポイントの発行申請は継続中ですが、工事の着手期間はすでに期間が過ぎているため、新たに工事を行っても木材利用ポイントは申請することはできませんが、住宅エコポイントにおいては、期間を開けて何度か行われているので、木材利用ポイントに関しても、再び事業が行われる可能性も予測されます。

ポイントを利用する際の注意すべき点

木材利用ポイントの発行対象となるのは、地域材を活用した木造住宅の新築や増築、購入の他に、床や壁、天井の木質化工事を行った場合です。これらの工事を行う際は、登録工事業者による工事であることも条件となっています。 現在では工事の着手期間は期限が過ぎているため、新たに工事をしても発行対象とはなりません。 また、ポイント発行に関しても申請期間が決まっていて、期間中に申請をしないとポイントが無効となってしまうので注意が必要です。 申請は全国にある自治体の窓口で受け付けており、代理申請も可能です。 木材利用ポイントは、カタログの中からポイント数に応じて地域の農林水産品や体験型旅行、商品券など様々な商品に交換することができます。